心と体はひと繋ぎ、心身の調和が大切


心と体どちらのケアも大切だから中医アロマ®︎サロンtanpopoでは身体のケアについては「中医アロマ®︎」を、心の面からは「五常セラピー」を用いてあなたのお悩み解消に努めます。


中医学って何だろう


中医学」とは古代中国で生まれた自然哲学「陰陽五行学説」を基になりたち、今日まで数千年の歴史の中で数々の臨床経験を重ねて今日まで脈々と伝えられた医学です。


中医学は今日では、漢方や東洋医学という形で日本では浸透していますが、中国や台湾では現代医学と共存する中医を専門とする中医師が人々の健康に寄与しています。

中医学の得意分野である慢性疾患は実は現代医学では根本治癒は難しく対症療法が中心です。
一方、中医学では慢性疾患や様々な原因不明と言われた不調や不定愁訴について、その不調の特徴から中医理論を元にタイプを見立て原因を突き止めた上で生薬や針鍼灸などを利用して調整を行います。

身体のバランスの見立て
  • 「陰陽」のバランス
  • 「寒熱」のバランス
  • 「虚実」のバランス
  • 「表裏」のバランス
  • 六臓六腑のバランス
など様々なバランスをみます。

例えば、頭痛という不調を訴える方の例では

頭痛と言っても人それぞれ原因は様々で、気候や環境や体質によって頭痛を起こす理由はいく通りもあります。

そこで中医学的に見立てを行う際以下のような点に注目します。

  1. 痛む部位  
  2. 痛み方 刺痛、脹痛、重痛、絞痛、冷痛、隠痛
  3. 急な痛みか慢性痛か
  4. 痛みの病機  実証か虚証か
上記を確認し痛みのタイプを見立てます。
見立てによって弁証(治療方法)を立てます。

例 肝気鬱結による頭痛
  1. 側頭痛→胆経
  2. 脹満感を伴う痛み→気滞
  3. 慢性
  4. 実証
弁証は肝気鬱結
論治は疏肝理気解鬱


体の調整「中医アロマ®︎」


「中医学」と「アロマセラピー」の東西の二大植物療法のいいとこ取りの中医アロマセラピー

中医アロマでのアプローチ
肝の気を巡らせる精油
柑橘系やキク科の植物の精油を使用します。
ベルガモットやオレンジスィート
カモミールなどをキャリアオイルに希釈してトリートメントを行います。

全身の経絡を流していきますが、「肝、胆」の経絡を特に念入りに経絡トリートメントを行います。

「肝、胆」の経絡は主に体の側面にありますので、特に身体の側面を念入りに経絡の流れに沿ってアロマトリートメントを施します。

以上のように「中医学」の理論を踏まえた上で論治に合った精油を使って経絡トリートメントを行います。

心の調整「五常セラピー」


心の成長を邪魔する原因を見つけケアすることで、心はのびのびと成長を始めます。
心が具現化したものが体。心の成長を促すと体がそれに伴ってどんどん楽になります。

いつも同じシチュエーションで腹を立て(違和感を感じ)そこから抜け出せない(成長の無い)人生
 
「こんな事を1ミリでも感じたら是非、五常について知ってほしいです。

私は常に満ち足りない気持ちや焦りや怒り、不安を抱いて日々を過ごしていました。

この違和感はなんなんだって!いつも感じていたけど答えは見つからず、同じことの繰り返し。

五常の秘密を知るまでは」


それは心の成長を阻む心の癖のせいかもしれません。
五常講師があなたの心の全体像を明らかにしてあなたの心の偏りを五常カードを用いて明らかにしています。そして一歩踏み出すための勇気を自分の中から引き出すお手伝いをします。